| City104 | > 浅間社長のぼやきダイアリー
浅間社長のぼやきダイアリー
 

12月28日
今年の最大の出来事は、なんと言っても歴史に残る小泉自民党の圧勝と思う。マスコミによる小泉劇場、郵政民営化疾風で、岡田民主党惨敗。国民の圧倒的支持の基、来年9月までは小泉改革路線を突っ走ることになる。近隣諸国への無配慮、弱者に厳しい政策等は、必ずしも支持できない私としては、もう少しの辛抱と言い聞かせて我慢するしかありません。これは自民党の抵抗勢力と同じ心境で、こんなことで良いのやら悪いのやら。全てが悪いわけでないので、来年に期待しましょう。

12月14日
耐震強度偽装問題で気になるうわさ話しを聞きました。それは阪神大震災の際、特定の建設会社の建物の倒壊が目立っていたとのことです。そのことは、大きな地震で混乱し、倒壊が当然と思われたのか、問題にされなかったとのことです。大地震が近いと言われている状況で、今回のような耐震強度偽装問題を引き起こしたのは、問題の建物が大地震で倒壊してしまえば、表ざたにならずに済むと逆に思っていたのでは。まさかこのようなことは無いと思いますが、そうだとすれば恐ろしいことです。

12月13日
昔から危険とされた、アスベストが今更問題になる建設行政の無責任さ、そんな状況にあって、今度はマンションの耐震強度偽装問題、とても許されるものではないと思う。一戸建などでは昔から建築主や建築会社による手抜き工事があるそうです。そのような体質を持った建築主や建設会社は感覚が麻痺して、命の危険がともなう高層マンションやホテルまでも手抜き工事してしまう。小さなごまかしに慣れるにつれ、大きなごまかしを進めて行ったような気がします。アスベストにみられるように、このような人命軽視を許す体質が建設業界にあり、それを行政が許してきたと思わずにはいられません。

12月12日
先日のみずほ証券による、ジェイコムの東証マザーズに上場の際の誤発注が大きな問題になっています。知人の奥さんがジェイコムの上場を自分が加入しているケーブルテレビのJ-COM(ジュピターテレコム)と勘違いして、この株なら安心と一株を購入したそうです。購入直後にみずほ証券による誤発注が明らかになり、取引証券会社から連絡があり、トラブルが発生しましたが、今のうち売れば10万円以上儲かりますとのこと。早速、売って数分間で10万円以上の利益になったそうです。とんだ勘違いで発注した株が大きな利益を生んだと大変喜んでいました。ところで、売らずに持っていたらもっと儲かったのではと欲深な私は思いました。

12月7日
先日の講演では堺屋太一氏の「これからの日本」と題する講演が私には一番身近に感じられて、解り易いものでした。さすが作家だけあって、歴史的観点から過去の日本の経済を分析、政府や官僚による政策の失敗、などを例に上げて説明されていました。今回も政府や官僚が高齢化社会を危惧して大変なことになるとしているが、その見通しは間違えであり心配はないとのこと。これからの高齢化社会は決して暗いものではなく、希望のある明るい社会になって行くそうです。いままでは親に仕送りをしてきた団塊の世代は、今は子供に仕送りする状況で、それが振り込め詐欺になどとして現れている。しかし、この団塊世代の金持ち高齢者が、自分の趣味や快適な生活、又は新起業のためにお金を使うようになり、日本経済は活性化し、何の心配もないとのことでした。

12月6日(火)
12月1〜2日に財団法人社会経済生産性本部主催の「21世紀の生産性イニシアティブ」のテーマの生産性シンポジウムがあり、2日目のみ参加しました。「日本の総合力発揮の方策」と題するパネルデスカション(司会慶大教授の曽根氏、パネラーは経済同友会代表幹事の北城氏、連合事務局長古賀氏、国際キリスト教大の八代氏)を聴講。与謝野金融・経済財政政策特命担当大臣の「構造改革に関する取組みと今後の課題」の講演。そして、堺屋太一氏の「これからの日本」と題する講演を聴講。そして、一番盛り上がったのはパネルデスカッション中断して小泉総理の登場でした。盛大な拍手に迎えられ、いまや抵抗勢力壊滅で向かうところ敵無し、「改革なくして成長なし」を強調し、盛大な拍手に送られて颯爽と引き上げて行かれました。

12月5日(月)
今年も早いもので12月に入り、残すところ、あと26日となりました。ところで、先日、銀座のソニーの商品展示説明会に行ってきました。その際、年末ジャンボ宝くじを買い求める長い列に出会いました。そこは日本で一番当たりの出る売り場であるとのことで、大変な混雑でした。買っても当たらない。しかし買わなきゃ当たらない、一等前後賞合わせて3億円の夢を求めて、買ってしまうのが宝くじですよね。
宝くじ

<過去のぼやき>
2003年 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月
11月